see saw wave
 
<< DNSポイゾニングによるフィッシング詐欺は防衛可能か | main | TVがスターウォーズしまくり >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.09.15 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |


ハッブルの見た宇宙(そら)

ハッブル宇宙望遠鏡。
1990年に高度約600キロの宇宙空間に打ち上げられた巨大な望遠鏡。
大気という歪みがないという点において地上の天文台とは圧倒的な差を見せつける映像をいつも届けてくれる、天空の万華鏡。

なんちゃって。

http://hubblesite.org/gallery/
壁紙とかもあります。宇宙空間の圧倒感をぜひ味わってください。

見ればみるほど生き物のように見えて、「時空」という概念を体感させてくれます。

まさにカレイドスコープ。
絵画のような実写。

プラネタリウムとか夏だし見に行ってみるかねえ。
【2005.06.24 Friday 00:32】 author : 【mebius】
| Hobby[食う寝る遊ぶ] | comments(0) | trackbacks(1) |


スポンサーサイト
【2012.09.15 Saturday 00:32】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mebius1.jugem.jp/trackback/403
トラックバック
「人工の星」で天体撮影鮮明に 国立天文台・理研が開発
【asahi.com】星の観測の邪魔になる大気の揺らぎを帳消しにするガイド役として、夜空にレーザー光を照射して「人工の星」を作る装置を理化学研究所と国立天文台が開発し、6日夜、埼玉県和光市の同研究所で公開実験をした。ハワイにある「すばる望遠鏡」でこれを使えば
| 拾稔堂店長のこうかい?日誌 | 2005/07/07 2:35 PM |