see saw wave
 
<< ネットと人間の融合 | main | MAY THE FORCE BE WITH YOU >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.09.15 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |


次の電車男?、進行中
今度のはちょっとヘビーな話が展開されて、今継続中です。
姉と弟の禁忌の恋愛の話です。
弟が激しくこの思いを姉に伝えるべきか悩み、どうすれば良いかから始まり姉、弟の混乱を通して今、、、という感じです。


その中で、そうだなと思ったのが子供の話。
子供を作れないという点で自分たちも自分たちの親ももっと哀しむのではないだろうかと
話し合ってる所があります。

そこでスレの人間が遺伝子について語り合っています。
致死遺伝子の遺伝の確率や劣勢遺伝子の確率。

そんな遺伝子のレベルの問題じゃない、感情なんだという意見もあれば、
その現在タブー視されている原因はやっぱり子供が劣勢遺伝しやすいという点があるからこういう感情があるんじゃないかという意見。

極めて私もその点についてうなずけました。
正論です。
たしかに「えー、兄妹っておいコラそれはなー」とか感情的に思ってましたが、ひとたび論理的に考え直してみると、なるほど自分が「えー」と言っていた部分が結局のところ根拠は世間がそう言ってるからとか、常識的に、劣等遺伝と聞かされていたから、とおよそ私が忌み嫌う理由ばかりでした。
常に「伝聞は実証と出典を見極めろ」だと思っていたのにそういやそうだわな、頭の後ろを掻かされる思いでした。

ゲイやレズ、性同一障害が徐々に認知されつつあり、まだそれがタブー視されているなか親と子は年齢差の点から言ってまだしも兄妹、姉弟での恋愛が許されざるタブーなレベルというのは、劣性遺伝という点を除けば確かに前述の類の人達と大して変わらないジャマイカ?と思い始めてきました。

私の個人的心情から言えば、近親だってゲイやレズだって認めたくないです。
それは根拠があるわけでなく、恋愛の対象というのは性別的に異性であって、近親の異性は対象外という常識的な概念を教え込まれたせいかもしれませんが、それをタブーと思わず考えてみてどうなんだと問われたら、やっぱり私は近親以外の女性が恋愛の対象でそれ以外はあり得ない、という点を選択したからです。

こういう事はすでに趣味や趣向の問題の範疇であるのかもしれませんから、幸い私は絶対多数の中の一人であって制限を受ける事がなかったのですが、趣味や主観がその範疇でなかった時、法的な制限などを受けたらどうなんでしょう。
やっぱりそういう制限がなぜあるんだろう?とか思うのかもしれません。複雑です。だからと言って制限解除OK派になれるかというと、まだ私の中で何か否定したがってる部分が正統な理由を探しています。
勝手なもんです。

話を戻しますが、

そしてその遺伝の部分について、本当の確率はどうなんだという展開に主人公不在時に議論になります。

--------------------------------------------
387 名前: :2005/06/25(土) 03:54:00 ID:W1DXLJzK0
すれ違いかも知れないけど書かせてくれ
今「姉に復讐を」のまとめスレを読んでて近親相姦をした場合の子供に与える影響で
確率はそんなに高くないと書いてあったが、詳しい話はみんな知らないみたいだった。 
そこで俺一応大学で生物勉強してて知ってることだけでも書いてみることにする。
今姉スレが流行ってるみたいだから 無駄ではないと信じたい。

まずどんな人でも一つか二つは有害な遺伝子を持っているらしい。
持っているのに体に異常が出ないのはそれが二つ揃わないと効果をあらわさないためだ。
そして、その有害な遺伝子は無数の種類があるため他人同士だと同じものを持っている確率は低い。
しかし、兄弟だとそうはいかない。
例えば、彼らの父親が持っているあるひとつの有害な遺伝子がそれぞれの子供に遺伝する確率は1/2である。
そして兄弟両方がその同じ有害な遺伝子を持つ確率は1/2×1/2で1/4。
さらにその兄弟が子供を作った場合二人の持つ有害な遺伝子が両方とも子供に遺伝する確率はさらにその1/4の1/16だ。
これは父親が持っているひとつだけの有害な遺伝子に対して言えることだ。
両親が合わせて2種類の有害の遺伝子をもっていれば15/16×15/16、三種類なら15/16×15/16×15/16になる。
誰でも一つか二つはもっているので平均しても両親で合計三つ。
その子供同士が子供を作った場合、有害な遺伝子が作用する確率を%に直すと約18%になる。

ソースとしてリチャード・ドーキンス著の「利己的な遺伝子」の六章にそういったことが書いてある。
長文スマソ

402 名前:387 :2005/06/25(土) 04:25:28 ID:W1DXLJzK0
>>399
ここでは分かりやすいように有害な遺伝子って書いたけど
これは致死遺伝子って言って 作用したらほぼ確実になんらかの悪影響を及ぼすもの
生活に影響がないのってのは普通は>>387の二段落目の前半に書いたように二つ一組の遺伝子のかたっぽだけだから

407 名前: :2005/06/25(土) 04:31:41 ID:SXtYQDUV0
>>404 事前に分かるなら問題ないんだけどな。問題は金か。
何%って言われても「今回」大丈夫なのか分からないと意味無いしね。
危険があるって面では他人婚も近親婚も変わんないよなー

409 名前:387 :2005/06/25(土) 04:34:39 ID:W1DXLJzK0
>>407
基本的に致死遺伝子の場合は流産とかになると思うよ。
他人同士の場合で不安要素になるのは遺伝病でそれならもう大分わかるようになってきてるみたいだ。

410 名前:387 :2005/06/25(土) 04:37:53 ID:W1DXLJzK0
とにかくまだ致死遺伝子については詳しく分かってないから
今の段階ではこういう学説があるよ。ってくらいに受け止めて欲しい

411 名前: :2005/06/25(土) 04:39:55 ID:SXtYQDUV0
>>410 まともな子供が生まれる確立のほうが高いってのは
間違いなさそうだな。
あとやっぱ精神面が大事だと思う。
成人前だと社会に出る防げになるしね

414 名前:387 :2005/06/25(土) 04:45:04 ID:W1DXLJzK0
>>411
まあ生物学的に見ても社会的に見ても厳しいのは間違いなさそうだな
かといって絶対無理ってわけでもないから
その辺は結局当事者の判断に委ねるしかないよな
ただ、その判断材料としてこういう知識は必要だと思うから・・
なるべく早い段階でさ

417 名前: :2005/06/25(土) 04:53:10 ID:SXtYQDUV0
>>414 不可能じゃないよな。今の社会だとタブー扱いだから
価値ある研究だよな。

人類って過去全滅しかけて数十人に減ったって話があるけど
犬に比べると個性の少ないこと。顔つきと肌の色ぐらいだもんな。
元々近親婚を繰り返してきたようなもんだから
一代位好きにさせてやりたいもんだ。

421 名前:387 :2005/06/25(土) 05:01:12 ID:W1DXLJzK0
あと一つ障害者の姉を持つ者としては
やっぱり子供を作ることだけはホントによーく考えて欲しい
俺もつらいし、両親も大変そうだからさ・・ 愛があれば何とかなるってモンじゃないよ


422 名前:387 :2005/06/25(土) 05:04:08 ID:W1DXLJzK0
ていうか ホント甚だスレ違いの事書いて すまなかった
俺は兄弟で恋愛するのには反対じゃないから
なんか書いてて自分でも意味不明になってきた・・


423 名前: :2005/06/25(土) 05:08:00 ID:/cVd9bfF0
いや、さすがに俺も枝豆じゃなかった遠藤さんの話は生物の時間に聞いたし
劣性遺伝子もわかるんだが、
それが何故、近親者の間の組み合わせだけが問題になってるのか?ってのが不思議なのよwwww

劣性遺伝子って、別に親兄弟の間でだけ作用するわけじゃないでしょ?
恋人もその劣性遺伝子を持ってるかもしれないしwwwww

>>422
おまいの熱意は理解しとる ノ

425 名前: :2005/06/25(土) 05:10:45 ID:SXtYQDUV0
>>422 人いないし保守代わりってことでいいんじゃないの?
○他人婚よりややリスクは高い  ←後に正常な子が生まれる確率は高いが他人同士よりはリスクは桁違いに高いとの事。
○でも正常な子が生まれる確立のほうが高い
○リスクは他人婚でもある
○遺伝子検査である程度回避可能
ってことが分かったし

>>423 単に近親のほうがそろっちゃって発現しやすい
ってことじゃないの
他人婚の場合滅多にそろわないとか
--------------------------------------------

無論この理論だって検証が必要です。
しかしその問題はともかく、417のレスでふとこの事について思考のエンジンをかけてみる事したのでした。

「今の社会だとタブー扱い」

ただ、これが根拠なきタブーではなく、根拠あってのタブーならそのままタブーでもよい、その代わり迷信だと証明されたのならば、せめて同世代の恋愛は禁止する理由はないかもしれない。
「その根拠を論理づけてからの、是か否かの判断」というのは私が今まで色んな事を考える上で大切だなと思い続けている事と完全に合致しました。

世界情勢も歴史の問題でも。

根拠と論理を積み上げて検証せよ、それから結論を導かなくては、今の答えは今だけしか通用しない答えかもしれない。

なるほどね。ちょっと問題的にアウトレンジだっただけにその考えを持つことができなかった。
いささか反省気味。もうちょっとこういう問題に、まともに考える事ができるかも。

まぁそれでもなんかイタイかもなーこういう事考えるのは、とか思ってしまう自分もいるがそのへんはもうなんというかアレだ。
全米が泣いた映画で泣けなくて「どこが?」と思いつつも見てしまった時の感覚と似ているのかもしれない。

余計意味不明になった。


不用意な混乱を与えないためどこの板、どこのURLかは掲載しません。
現在進行中ですから。ぜひにという場合はメッセージなどで個別には送ります。






単に妹、姉萌えなスレなだけかもですけど(;・∀・)。
【2005.07.03 Sunday 01:39】 author : 【mebius】
| Tech[小細工] | comments(0) | trackbacks(0) |


スポンサーサイト
【2012.09.15 Saturday 01:39】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mebius1.jugem.jp/trackback/412
トラックバック