see saw wave
 
<< 二日前にあった実話男 | main | マクド、マック。 >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.09.15 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |


auがTVチューナーとか言ってるけど、コンテンツにユーザーが求めてるのはアレじゃないですか
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/
news_toppage/24796.html


ラジオ、テレビ、着うたがフルバージョン(プレイヤー)、お財布ケータイ

どれも二番煎じな感じで大したコンテンツにならない気がしてならない。

二番煎じというのは各携帯キャリアのマネっことかそういう意味ではなくて、ビジネスコンテンツとして、インパクトを感じられない、なんというか、ああ、そうね、それもつけとけば?
な程度で、その機能がなくてもデザインカッコイイからいいや、な程度の需要しか期待できないわけで。
そういう意味で使ってみました。

要するにデザインに負けちゃう機能ってわけなんですよね。実際のところ。その機能があるからその機種にするという人口よりも、デザインかっこいいの機種にそれがあったらいいけど、なくてもこのデザインのほう選ぶわ、な。

それではコンテンツモデルとしては、なんだかなあ、ショボーンなパワーだね、瞬間風速は期待できても持続できないよなあ。なレベルでもあります。

唯一お財布携帯にはちょっと可能性がない事もないわけではありますが、いかんせん、各種業界のやる気がまったくない。

あーお財布で決済できるんだ、すげーなあ。そういう時代かー。
ってあんたんとこの決済もお財布ケータイでやれるように設備投資しろよ、って言われてする人が多いのか多いくないのか。

コンビニでのお金払うのにお財布ケータイが浸透したとしても、結局のところ財布から手を離す事ができず頓挫の可能性100万倍という爆弾を抱えっぱなしのコンテンツになっている。
じゃ、せめてカードレス化に、とか言うけれど海外での決済や身分証明が業種のメインマテリアルになっているカード業界がウンというかと言えば、「あ、そう」な勢いしかないに決まってる。カード持ってる人間が携帯にカードの機能がついたからってカードを手放すかってありえない。ありえないありえない、ありえな〜い。
それこそユーザビリティ、、じゃないな、ニーズ無視な開発サイドの発想というやつ。

じゃ、通勤定期とかはどうよって、どうよも何も実際始まってはいるものの、公共性を尊ぶ公共機関としては携帯なんて持ってるか持ってないかでいちいち種類わけするよりもますます財布のカードの種類を増やす事になるスイカだのイコカだのてめえらこのヤロウ、大阪と東京行き来する人間すら無視かの勢いでスタンダードを作る気はさっぱりない。

どうなのよ、ってなわけで。

まぁやってる側としてはどうなのよって言われてもそんなやる気がでそうにもない、みんな用意ドンでやらんとできんようなコンテンツなんで自分から金を投下しないといかんのだという事になる。

しかもスタートダッシュ決めたらみんなスタートレーンから離れて棒高跳びとか全然違う事やってやがるーな状況になったら目も当てられない。
お財布ケイータイに群がった下請けインターフェース業者と一緒に撃沈なわけで。

さらにIT企業が何かコンテンツを、って隙間産業すら発展する余地がない。
これじゃあテレビチューナーのほうがナンボかシンプルでマシだし、ケーブルテレビのようにまぁ周波数の問題オオアリではあるものの独自チャンネルを作ることだってできるし、こっちのほうがまだ可能性がある。

しかしそれも携帯キャリアのやる気がさっぱり感じられない。
auのなんだっけ忘れた、なんとかチャンネルなんか特にそう。なんだあの低予算番組丸出しの深夜番組ですらもっとクォリティ高いぞな番組は。

ひょっとして携帯キャリアってそのへんのメディアとの連携がかなり弱いのかしら?
まぁ見たら弱いの一目瞭然ではありますが。

そこで流行りのメディアとネットの融合の如く、メディアと携帯コンテンツの融合しようジャマイカなコンテンツ会社の台頭が考えられるのかなあ。
それもなんか、なーんか、どこかポケベルの文字表示サービスのような短命に終わりそうな匂いがプンプンするわけでありますが。


論点がコンテンツと萎縮してもしょうがないので、携帯の有効性から考えたらそりゃやっぱ官公庁の手続きがwebでできるように開発されているのと同時に携帯でも処理できるようにするという流れが一番ビジネス的には固い所なんでしょうね。面白くもなんともないですが。
カメラの機能使って身分証明の更新など有効なんじゃないですかね。カメラとコンテンツの連携、もっと考えたほうがよかじゃなかとですか。ビジネスモデルとしても。
ただ、同時進行に、って思いつく官公庁がどんだけ存在するのやら。
PCの前に座って官公庁のサイトを開くよりも、あ、と思いついたその場で携帯の画面開いて官公庁サイト行くほうが需要多いとか思ったりしないんでしょうかね。

結局何が言いたかったのかさっぱりわからないエントリになっちまいました。
言い訳をすると先のエントリがあまりにも書いていいのやらなネタで迷ったためボツにしたんで、何かお題決めて書いてみようかな、ととりとめもなく書いてしまったという事からのエントリだったのですた。
お許しくださいませ。。
【2005.07.15 Friday 02:29】 author : 【mebius】
| Tech[小細工] | comments(0) | trackbacks(1) |


スポンサーサイト
【2012.09.15 Saturday 02:29】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mebius1.jugem.jp/trackback/421
トラックバック
キャリア 事務次官
キャリア 事務次官 事務次官とは、各府省に1人ずつ必置の職で、一般職公務員が省内...
| キャリアプランニングとキャリアカウンセリング-難易度の高い資格も夢じゃない! | 2007/01/29 9:41 AM |