see saw wave
 
<< 奥菜恵とサイバーエージェント社長離婚 | main | エジプトテロの心理的陥穽ですよ朝日さん >>


スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2012.09.15 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |


スターウォーズエピソード係てきました。
(特にネタバレはないです。映画自体がすでにネタバレエンドってのもありますが、特にないつもりで書いてます)
まぁ、なんつーか共和国の予定調和ならぬ予定崩壊であったわけですけど、ベイダーの生命維持装置がなんとまぁああいう形で相成ったというのは、へー、ふーん、そうなのかーと思ったわけです。
結論が知ってるだけに、後はその道程がどうなるのかなーという程度で、なんというか、映画を見たなーっていう独特な爽快感には欠けるのは映画の内容というより続き物の映画であり、しかもそのさらに続きはもう死ぬほど見たというモノであるので映画がいかにクォリティ高くてもそうなっちゃうのは仕方ないよなあ、な感じです。

あえて言うなら詰め込みすぎ。

んでももってメインテーマは、つまるところあれかいな。
善なるものが良かれと思って善行してるつもりが、あれ、気付いたら思いっきり邪悪じゃないですか。ってとこでしょうか。

あー、あるある。よくある。よくいる。そういうの。
よかれと思ってやってる人が周囲見えなくなってて、おめえ、とんでもねえ邪悪をまき散らしてるじゃないか、思いこみを人に押しつけるんじゃねーよ、何が説いて回るだお前が正しいと思ってる事は実際間違ってるんだよう、根っこが。
本人は悦に浸って「ああ、わたしは悪い手段使ったとしても、いい事してるんだ、みんなの誤認を薄めて見識を広めて善に導いてるんだ、はー俺グッジョブ」なんて事言ってる。聞けってばw
なんて事なんでしょうね。

ただ母を救いたい、ただ妻を救いたいとして周囲を良くしたいとしながら、そのためにはダークサイドの力(ゴリ押しやら、こういうもんなんです!って相手の意見を聞くけど取り入れない、超絶被害妄想が権利主張しすぎてるようなとか)も必要だしなって承認しちゃったらあれ、黒い仮面かぶってるがな私。
という繰り返しながらそういう事。今回それが全てじゃなかろうかなと思うわけでした。


アナキン・スカイウォーカーがダース・ベイダーとして暗黒面に堕ちていく様〜なんて予告編みたいな事言っても仕方ないんですが、こうなったのもアナキンを拾った、ジェダイ、クワィガンから他が、おめえ拾われる前の奴隷の日々のほうがまだマシだったじゃねーか、なんて事してくれるんだ、とマスクの向こうから聞こえなくもないですが、成長過程での心理や今の堕落っぷりは、そら自身の問題だろが人のせいなんかにするんじゃねー、こちとらおかげさまで隠遁生活かもしくは現世退場じゃないかいうメイスやヨーダの反論もなきにしもあらず。

ともかく誰もが予想した通り、エピソード4までの20年の暗黒時代がスタートってな具合でエンディングを向かえるわけですがなんだろなあ、これで4、5、6の見方も変わるんでしょうかね。どうせなら7、8、9もこの勢いで作って欲しいんですけど。原作あるんだから。

とストーリーを中身は知らなくても結果は知ってる状態で見ても、なんというかサプライズがなかったなあという感じ。
その点エピソード2では「ヨーダつよすぎ、スゴス」で表現完了なくらいサプライズはヨーダで、個人的にはそれで満腹になりました。
ただ、3だって結果が知らなければ、うおおおって思う内容なんですよ。作品単体がつまんねーという判断はスターウォーズを見まくってる人ほど思うのではないでしょうかね。
そりゃしかし作品単体をつまんねーと批判するのは違うっしょ。エンドがわかる映画って、それだけハンディあるんだし。それを単体のせいにしちゃあいかんですよ。

その点、隣でやってた「宇宙戦争」は中身もエンドもさっぱり知らないので帰りに見ようか迷ったのが対照的。


前回から更新、
見たい映画リスト

亡国のイージス
宇宙戦争

公開終了のためレンタルで致し方なし、あるいはレンタルでいいやーな映画
ALWAYS
戦国自衛隊。
コンスタンティン
電車男
逆境ナイン
容疑者 室井慎次
機動戦士Zガンダム
アイランド

うっはレンタルでいいや、どうでも、と思ってるものが増えてる(;´Д`)
【2005.07.23 Saturday 20:12】 author : 【mebius】
| Hobby[食う寝る遊ぶ] | comments(0) | trackbacks(0) |


スポンサーサイト
【2012.09.15 Saturday 20:12】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
この記事に関するコメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://mebius1.jugem.jp/trackback/433
トラックバック